読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名盤ライブ 第3弾 渡辺美里85年の1stアルバム 『eyes』

大学2年のとき,友人から妙なことを頼まれた。

「レコードを買ったんだけど,うちにはプレーヤーがない。レコードを貸すからカセットテープに録音してほしい。」

ぼくは,アルバイトで稼いだお金で一通りのオーディオセットを持っていた。そのことを知っての依頼だった。

 

大学の近くの川沿いのアパート。ぼくの家から,電車通りを渡って小さな商店街のある小道を抜けて,およそ5分。

彼の家に遊びに行くと,このレコードが,居間のローボードの上に立てかけてあった。沢口靖子主演のドラマの主題歌「My Revolution」が流行り始めの頃だった。しかし,そのアルバムにはMy Revolution」は入っていなかった。どうやらデビュー・アルバムらしい。それが,このレコード,そして渡辺美里との出会いだった。

 

佐野元春SOMEDAY」,GRAPEVINE「Lifetime」に続く第3弾。

この選択は,悪くない。

www.meibanlive.com

一応補足しとくと,過去の名盤をライブで再現しちゃおうという企画。

 

渡辺美里は,決して歌がうまいアーティストではない。

(あ,まあ若いころは声量はあったのだと思うが。。。)

作詞作曲をして,音楽で自分のメッセージを伝えるアーティストではない。

(あ,でも途中から作詞はしてたような。。。)

ルックスを売りにするアイドルでもない。

しかし,それでも,このアルバムとセカンドの「Lovin' you」は,名盤だと個人的に思っている。

 

楽曲は,当時絶大な人気を誇った大江千里小室哲哉に加え,白井貴子やデビュー前の岡村靖幸を起用。当時,大江千里作詞作曲の「悲しいボーイフレンド」を聞いて,今で言うキュンキュンするような気持ちになったもんだ。

 


渡辺美里 EYES 19才のスタジオライブ

 

渡辺美里ボーカルは,力強く,そして少し走り気味で不安定。しかし,そのことがアルバム全体に絶妙なライブ感をもたらしている。

今聞くとややノスタルジックな感じがするのは,80年代の日本経済を象徴するような綺羅びやかな音作りのせいだ。

 

「10代の女の子の輝き」

陳腐な言い方だが,それを象徴するような一枚。

 

蛇足だが,録音を頼んだ彼はそもそも音楽を積極的に聴くタイプではなく,なんで渡辺美里?と思っていた。

どうやら,彼は大学1年のときから同棲していたらしく,4年生のとき,今で言うできちゃった結婚をして,卒業するときは子どもがいた。(笑)

渡辺美里のレコードを購入したのも,当時の彼女,今の奥さんだということが,かなり後になって判明する。